高槻センター街の歯科医院「高槻ハート歯科」は大阪府高槻市で総合的な歯科治療を患者さまに提供しております。 一般歯科はもちろん、ホワイトニングなどの審美歯科や入れ歯・訪問歯科診療にも力を入れています。

むし歯予防・歯周病予防

むし歯予防・歯周病予防・定期検査

予防歯科

歯を削る治療から、生涯使い続ける「予防」へ

高槻ハート歯科では、むし歯や歯周病などのトラブルが起きてから治療するのではなく、トラブルが起こる原因を取り除くことで健康的な口腔状態を維持していくための定期的な検査・予防歯科をおすすめしています。

正しい歯みがきの指導やクリーニング、検査等を受けることにより、高齢になっても自分の歯で食べることができ、むし歯や歯周病にかかる可能性も低くなります。
最初は小さなむし歯でも、期間が経つにつれてどんどん大きくなっていってしまいます。
むし歯が進行して神経に達してしまう前に治療をし、少しでも多くの自分の歯を残すためにしっかり予防していきましょう。

むし歯や歯周病が与える悪影響

むし歯や歯周病を予防しないでいると、早産の危険性や、口臭が原因で人間関係が悪化したり、認知症のリスクが高くなることも。
あなたやあなたのお子さまの健康や生活に大きな影響があるのです。

出産時のリスクが高くなる

妊婦近年、さまざまな歯周病の全身への関与がわかってきました。
なかでも妊娠している女性が歯周病に罹患している場合、低体重児および早産の危険度が高くなることが指摘されております。その危険率は実に7.5倍にものぼるといわれております。
生まれてくる元気な赤ちゃんのために、歯周病予防に取り組みましょう。

人間関係が悪くなる

preventive04口臭の原因の大半は歯周病です。自分ではなかなか気づけない口臭は、周りからも指摘されにくく、それが原因で人間関係が悪化してしまう恐れがあります。

好きなものを美味しく食べられなくなる

夫婦の食事風景むし歯や歯周病が原因で総入れ歯になると、自分の歯で噛む場合の1/4しか噛めないと言われています。
そのため固いものが食べづらくなり、好きなものを食べられなくなってしまいます。

認知症になりやすくなる

認知症イメージむし歯や歯周病で歯を失うとよく噛むことができなくなります。その結果、脳への刺激が少なくなり、認知症になりやすいといわれております。
最も認知症になる危険が高いのは、歯の本数が減っているにもかかわらず入れ歯を使わない人で、入れ歯を使っている人に比べはるかに危険度が高いことがわかっております。
大切なのは歯を大切にして歯の本数を減らさないこと、そして歯の本数が減った時、入れ歯を使って咀嚼する能力を補てんすることです。

いかがですか?
もう「たかがむし歯や歯周病」とはいっていられないと思います。
あなたやあなたのお子さまが将来にわたって健康な生活を送るために、むし歯や歯周病を防ぐことはとても大切なのです。

歯を失う原因

再治療を繰り返すたび、自分の歯は失われ、抜歯へと近づいていきます。
自分の歯を長く維持するためには、耐用年数の長い治療法を選んだうえで、きちんと予防処置を行い、修復サイクルをできるだけ長くすることです。そうすることで、歯を失うリスクを抑えることができます。
むし歯にならないようにご自宅での歯みがきと医院でのメンテナンスをしっかりと行うことが大切です。
歯のライフサイクル

むし歯・歯周病予防のメリット

むし歯などのお口の中のトラブルを未然に防ぐ

定期的にチェックを行うことでむし歯や歯周病の予防になり、大切な歯をいつまでも健康に維持できます。

治療の痛み・費用を低減できる

痛みや症状がひどくなってから治療するとなると、治療費用や期間もかさんでしまいます。

お口の中がスッキリする

歯や歯肉をきれいにすることで、お口の中が爽快になります。

TBI 歯科衛生士によるブラッシング指導

歯みがき指導TBI:tooth-brushing instructions
当院では、歯科衛生士が正しいブラッシング指導をおこなっております。

磨きにくい場所に適したブラッシング方法を実際に確認していただきます。
患者さま一人ひとり、歯ならびや咬み合わせ、年齢などによって、ブラッシングの注意点が異なります。TBIにより、正しいブラッシング方法をしっかり身につけましょう。
また、ブラッシングの心地よい刺激は歯肉を引き締め、マッサージ効果も期待できます。

むし歯予防・歯周病予防の重要性

現在、日本の80歳の方に残存している歯の本数は6~7本といわれています(厚生労働省調べ)。
これは決して多いとはいえません。
同じ高齢者でも、北欧ではずいぶん事情が違います。歯の残存平均本数は、スウェーデンでは75歳で平均19.5本もあるのです。
特に北欧ではむし歯予防・歯周病予防の意識が最も進んでおり、大人の定期検診受診率は80%以上もあり、子供も100%近くが受診しております。
他の先進諸国も70%以上の定期検診受診率が一般的になってきました。しかしながら、日本での定期検診受診率は10%しかないといわれております。
定期検査受診率

歯の健康には「治療より予防が大切」だということが日本でも徐々に浸透してきました。このページでは、なぜ予防が大切なのかをお伝えします。

むし歯になる前に

病院にかからずに風邪が治った経験はあっても、むし歯が治った経験がある人はおそらくいないのではないでしょうか。歯には自然治癒力がないからです。一度むし歯になると、どんなに素晴らしい治療を受けても、残念ながら元に戻ることはありません。

さらに、初期のむし歯は自覚症状に乏しく「痛い」と歯科医院へ駆けつけるころには、かなり進行していることがあります。そうならないために、歯科医院での定期検診を習慣にしておきたいものです。

むし歯になりやすいお子さまの歯

健康な歯は、栄養を吸収するために不可欠。お子さまの歯を守ってあげることは、保護者さまが考えている以上に重要なことです。残念なことに、乳歯や生えたばかりの永久歯はやわらかく、むし歯になりやすくて進行が早いのが特徴。そのため、定期検診が大人以上に大切になります。

「子どもが歯医者さんを怖がる」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、乳歯が生え始めたころから歯科医院に慣れさせてあげると、スムーズにいくようです。定期検診を習慣づけ、大切な歯を守ってあげましょう。

歯周病にならないために

「歯」を失った状態を想像してください。食べ物を噛むことができませんし、正しい発音で会話することもできません。とても不自由な生活を強いられてしまいます。
そして、その最大の原因は、歯周病といわれております。
歯周病にならないために

歯周病はむし歯以上に自覚症状に乏しく、異変に気付いたときには症状が進行しているケースが見受けられます。しかも、大人の80%がかかるというデータもあるほど、ありふれた病気。定期検診を受けて予防することが、何にも勝るといえるでしょう。

忙しい社会人こそ、節目節目に歯科検診

忙しく生活が不規則になると、むし歯になるリスクが増えます。忙しい社会人こそ、健康診断や人間ドックを年に一度受けるように、歯科検診も定期的に受診しましょう。
むし歯をきちんと治しても、歯の汚れやバイオフィルムは必ず歯についてきます。
忙しい方こそ、痛くなって困らないように1年の予定に歯科検診も組み込んで、歯科医院に足を運んでください。
大切なのは「予防の習慣」をつけることなのです。

当院は、ご家族さま全員が健康な自分の歯を一生使い続けることのできる喜びを分かち合えるように、歯科検診を通じてずっとサポートさせていただきます。

予防歯科のポイント

口腔内環境は一人ひとり違う

むし歯は歯みがきだけで予防することはできません。むし歯になる原因を探し出し、それに対し予防をおこないます。

ご自宅でのセルフケアと、歯科医院でのプロフェッショナルケアの2つが大切

正しい指導に基づいた毎日の歯みがき「セルフケア」と、お口の中を扱うプロが専用器具を用いて行う歯のクリーニングの両方で「予防」を実践しましょう。

強い歯を育てる

歯の健康を守るための大切な成分、それが「フッ素」。お茶などにも含まれている元素のひとつで骨を作るためには欠かせない役割を持ち、むし歯予防にも高い効果があります。
フッ素塗布についてはこちら

生活習慣病予防にも

歯周病は生活習慣病との関連性が高いといわれています。歯の健康を守ることは全身の健康へとつながることに。また生活習慣病の予防を高めると、歯の健康を守ることにもなります。
生活習慣病についてのアドバイスはこちら

歯に痛みや違和感を感じたら TEL 072-686-1182 火~土10:00~19:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Copyright © 高槻ハート歯科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.